(みらいの会ニュース)住宅のZEH関連情報

会員各位

CC:オブザーブ会員各位

 

お世話になっております。「SHIZUOKA環境みらいの会」事務局の鈴木です。

住宅の省エネ対策に関連するニュースを2件ご案内します。

 

(ニュース トピックス)

■【省エネ法】住宅省エネ法案の今国会成立に向けて、住宅団体が続々と要望書を提出

■【建材・設備価格】建材・設備メーカーが4月の価格値上げを続々と発表、住宅価格への影響懸念

 

(ニュース 内容)

■【省エネ法】住宅省エネ法改正案の今国会成立に向けて、住宅団体が続々と要望書を提出

去る1/18の本メルマガにて、速報しましたが、社会資本整備審議会で答申された省エネ法の改正案が、

夏の参議院選を控え、審議日程を確保するのが難しいという与党の判断により、今国会への提出が見送られています。

これを受け、住宅生産団体連合協会(住団連)の他、住団連の構成団体でもある日本2×4建築協会、日本木造

住宅産業協会は、個別でも国土交通大臣に対して、速やかな国会への提出を要望しています。

2025年以降の新築住宅の省エネ基準適合義務化に向け、周知期間の確保や事業者の理解・習熟度を高める

ことの必要性、また会員企業の万全な体制準備期間の必要性を理由としています。

業界をあげて、カーボンニュートラルへの方向に腹をくくったからには、早く対策を取っていきたい、ということですが、

みらいの会でもカーボンニュートラルの取り組みを会員企業の皆さんと前進させていきたいと思います。

 

■【値上げラッシュ】建材メーカー・設備メーカーが4月の価格値上げを続々と発表、住宅価格への影響懸念

住宅用建材、設備の値上げや納期遅延が相次いでいます。新型コロナウイルスの影響により、木材や鉄鉱石、アルミ

ニウムなどの原材料価格の高騰に加え、経済回復で先行したアメリカや中国で需要が急拡大したことによる、輸送に必要

なコンテナ費用の高騰、各国でタイムラグをもって爆発する新型コロナによる工場封鎖などなど悪循環的な値上げに陥っています。

今年に入ってからも、積水フーラー、サンゲツ、マグ、東リ、永大産業、ニチアス、TOTO、アイカ工業、日本ロックウール、

ハウステック、リンナイ、大建工業、旭ウッドテックなどなどが春先からの値上げを発表しており、値上げニュースを見ない日は

ないくらいです。

国交省が発表している不動産価格(グラフ)を見ても、2013年ころから続いているマンション価格の高騰に比べて、

戸建住宅価格はコロナ禍が始まる前までは安定していましたが、2020年後半より上昇が始まっています。

ZEHの普及促進の課題の一つに、イニシャルコストのアップがあり、建築資材の値上げはZEH普及に悪影響を及ぼさ

ないかと心配されますが、エネルギーコストも上昇していますので、ZEHにしてランニングを抑えていくという説明にも説得力が

増すのではないでしょうか。是非、(前回ご案内の)まちづくりセンター様とコラボして作ったパンフレットもご活用ください。

 

————————————————-

SHIZUOKA環境みらいの会事務局

鈴木幸祐

〒422-8766

静岡市駿河区池田28

(静岡ガス 営業本部 くらし開発部 ルート開発グループ内)

TEL 054-285-2115  FAX 054-284-4086

E-mail: kankyo-mirai@shizuokagas.co.jp

————————————————-

 

この記事を書いた人

shizuoka-mirai